スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
Vista SP1 やっぱり一部のユーザーには問題あり?
正式にVista SP1が一般向けにリリースされましたが、いくつかのユーザーにとっては既に「問題」があることがわかってきているようです。
Vista SP1 Problems "Bug" Some Users

SP1の内容自体は、
  • それまでリリースされたものを含めたドライバーアップデートと、
  • ハイバネーションリカバリーのスピードが向上されていること、
  • 複数のドライブでの暗号化ツールが使えるようになったこと、
  • ハードディスク書き込みのスピードアップ、
がその内容である模様。
Just MyShop ウルトラセール

私自身はVistaは仕事で使うものの、プライベートではXPを使用しています。
注目はハードディスク書き込みの速度向上ですが、今のところ評判は「わずかの向上」にとどまり、USBドライブに至っては「わずかに低下」と言うことです。
また、一部のユーザーの間では「ブート・ループ」に陥る状況が未だ発生しているらしい。そんなこんなでMicrosoft Vistaチームのブログには様々な不具合のコメントが寄せられているようです。
Windows Vista Ultimate SP1 32bit DSP版 DVD-ROM + FA404MX Black Box セットicon

たとえばNvidiaの最新ドライバーを破壊したとか、メモリ使用量が650MBから1GBにまで増えただとか、のろくなったとか・・・・。Microsoftも懲りないですね。

どうもSP1適用前に、いくつかの必要ファイルを事前にインストールしないとブート・ルプに陥る構成もあるようです。
うーん・・・。XPに慣れてしまっている以上、個人的にはVista導入を待機していて、導入のきっかけがSP1か?と思っていたのですが、XPのSP3も近々リリースされるようですし、急いでSP1を適用する必要もないかも知れません。
アコースティックウェーブミュージックシステム+専用CDチェンジャー
| Windows Vista | 01:20 | comments(0) | trackbacks(0)
Vista SP1情報 実は海賊版対策?
Vista SP1が2008年第1四半期の正式リリースを予定しています。
既にβテスター向けにβ版のSP1がリリースされており、その内容的にはセキュリティー更新とバグ・フィックスがメインとなり、特に目立ったトピックはなさそうな感じです。

SP1登場でWindows Vistaはどう変わるのか?

↑こちらの記事でも、
Vista SP1はXP SP2とは異なり、いくつかの機能追加はあるものの、バグ修正やシステムの信頼性/性能向上がメインになっている。また、Vista SP1で提供されている多くのモジュールは、Windows Updateやダウンロードセンターで配布されているものと多くが重複する。

と言っています。

その陰で、どうやらVistaSP1には「海賊版」使用に対する対策を強める何らかの仕組みが存在している様です。MicrosoftによるとXPの海賊版に比較してVistaの海賊版は半分以下だと言うことですが、個人的には、その労力をもっと軽くて、使い易くて、安価な新OS開発に向けて欲しいと思うのですが。

また、MicrosoftはIE7とFirefoxのセキュリティーに関しての報告(DailyTech)の中で、
「すべてのセキュリティーレベルにおいて、IE7はFirefoxと比較して脅威レベルが低かった」と調査結果を発表しました。「IE7が87の修正に対してFirefoxは199のセキュリティ修正が必要だった」としています。
それに対してMozilla側は、「その分析はたぶんいい加減で、むしろ悪意がある」と非難しています。「もし、我々(Mozilla側)がもっとうまくやろうと考えるなら、バグの報告や問題修正を公にせず、会社の中でこっそりとやるしょう」

もっとも、Microsoftの良くやる手に、いくつかの修正を一つのリリースにまとめるというやり方は周知だと述べていて、そういう観点から「公平ではない」とも思えます。




EPSON A4 インクジェットプリンタ 5760dpi/染料/6色 PM-G860 今なら割引クーポン付き送料無料

| Windows Vista | 00:06 | comments(0) | trackbacks(0)
XPの販売期間延長 Vistaでもダウングレード権使ってXP
Microsoftは、2008年1月31日までのWindows XPの供給を2008年6月30日まで延期するようです。

MicrosoftはVistaへの以降に関して「順調である」としながらも、一部のユーザーからの苦情を受けて、富士通などOEMメーカーに対してVistaのXPへの「ダウングレード・オプション」の提供を申し出ました。
元々、Dellなど一部のメーカーは、新しいPCにXPをプレインストールするなどして、ニーズへの対応をしていましたが、この対応によってVistaとXPの両OSがユーザーの選択によって可能になるものです。

富士通の場合には、購入ユーザーはVistaプレインストールのPC購入の際に、あらかじめ搭載されたXPの復旧ディスク等を使用してXPにダウングレードすることもできるし、そのままVistaを使用し続ける事もできるようです。

これは元々、MicrosoftがOSの使用許諾の中で認めていたオプションですが、実際にXPのインストールメディアを持たないと行使できない権利でしたが、この施策によって実現するというものです。

HPやDell、LenovoといったメーカーがXPプレインストールのPCを継続販売していたり、ダウングレードキャンペーンなどを展開している事を受けて、MicrosoftもようやくXPの継続販売を決断したようです。

ワイヤレスLAN搭載のノートPC [468x60]

実際のところ、ユーザーは少なからずVistaの大きく変更されたGUIと引き替えに、その要求スペックの高さや、面倒なUser Access Controlにいらいらしてきたようで、特にビジネスユーザーからはその不満の声が大きかったようです。
しかもXPに比較して高いし・・・。

しかしながら、ダウングレード権はいわゆるOEM版には使用できないようで、ボリュームライセンス版もしくはメーカー製プリインストールPCのOEM版のみとなっているようです。

Microsoft-Windows Vista のダウングレード権 (旧バージョンソフトウェアの使用) について

拡大解釈すると、FDD購入時に買ったVistaに対して、使用していないXPのインストールディスクを使用すればダウングレードできる気がするのですが、これはライセンス的に言ってOKなのでしょうか?
むむむ・・・複雑すぎてよくわからん。ライセンス認証はどうなるのでしょうか?

OSとOffice合わせて5ライセンス以上ならライセンス購入も視野に入れましょう。
今回のダウングレード権やら何やら、融通が利くからね。
私も、次回はライセンス購入考えます。
マイクロソフトライセンスセンター
| Windows Vista | 02:23 | comments(2) | trackbacks(0)
新しいWindowsサーバー製品。Windows Home Server登場
Windowsホームサーバーなる名前からするとエンドユーザー向けのサーバー製品が2007Consumer Electronics Showにおいてビル・ゲイツ氏の基調講演で発表されました。

Windows Home Server ?

従来のサーバー製品とどこが違うのか?使用目的を限定して、使いやすくしたものでしょうか?
こちらの記事を見ると、ファイルサーバーであり、Webサーバーであり、メディア・ハブであり、ゲートウェイであるらしいです。

まあ、映像から音楽からデジタル化されていくと、これだけのNAS製品が販売され始めたように、一括管理したいという事にはなるのでしょうね。

1GhzのPentium3とAthron、512MBの構成で運用可能というのは、なかなかECOでは無いですか?。サーバー用途では、おそらくボトルネックはディスクI/Oの方ですから。
ディスクコントロール関連での新技術「Windows Home Server Drive Extender」というのはなかなか優れものみたいです。

デル株式会社
| Windows Vista | 04:19 | comments(0) | trackbacks(0)
Vista SP1情報 2008Q1予定
VistaのServicePack1が近々公開されそうです。
サポートされるデバイスなどドライバーサポート関連が強化される模様。
Microsoft Gets Official With Vista SP1 Details -DAILY TECH-

さて、その提供方法ですがエクスプレス、スタンドアローン、スリップストリームのつの方法があると言うこと。
エクスプレスインストールはインターネット経由で50MBのファイルのダウンロード後、Microsoftのサーバーからダウンロードする方法です。
スタンドアローンパッケージはx86用で約1GB(!)のファイルサイズとなりそうです。
そしてスリップストリームバージョン(いわゆるSP1適用済みバージョン?)については、まずはボリュームライセンスユーザー向けに、その後SP1適用パッケージ品がリリースされるようです。
日程については2008年第一四半期を予定しているようですが、まあそのあたりは気長に待つと言うことで。

マイクロソフトライセンスセンター

私自身は、いまだVistaには乗換えていません。
次回OSの入替え時にはライセンス購入をと考えています。自宅では合計4台のWindows機がありますし、OEM版と比較してもその方が自由度がありそうなので。OSを4つOfficeを1つで、合計5ライセンスあれば個人でも購入できるみたいです。ダウングレード権なるものを使用すればXPとVistaの併用は可能の様ですし・・・・。
| Windows Vista | 01:07 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Blog RankBlog王
SELECTED ENTRIES
ほしいもの、気になるもの
おススメショップ
CATEGORIES
Search this site.
SPONSORED LINKS