スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
今更ながらアナログキャプチャーボード G-MVP/RX3
 色々と忙しく更新もままならないヒビ。

ブログのネタは色々と蓄積されているものの、記事に仕上げる気力がこのところ無かったモノで。

たまったHi8(8mmテープ)の処分を考えており、唯一動いているSONYのHi8デッキが動いているウチにデジタルデータ化をしたいと考えておりまして。

昔に使っていた当時名機といわれたCanopusのMTV2000Plusを早々に処分しており今更ながら「早まったか」と後悔。

MTV2000はとっても良い製品だったのですが、カードもでかいし補助電源もいるし、付属のソフトも癖がある。
アナログキャプチャーカードをあれこれテストして、確かに明らかに他と比べて画像は綺麗でしたから。

ただ3次元Y/C分離とかは外部入力ソースであればあまり意味のないモノなので、1000円前後で手に入るMTV1000あたりを入手しようかと思っておりました。

しかし付属のソフトたちもアレだし、ドライバーやソフトのダウンロードもアップデーターのみの提供しかされていない。ましてやWindows7どころかXPのサポートで止まっている。

悩んだあげく、地デジチューナーを外部入力でつないで、アナログキャプチャーカードでもSD画質ながら録画もできるし、今もサポートが続いている製品を選択することにしたのです。

マイクロソフトライセンスセンター

そして、結局中古のIOデータ製GV-MVP/RX3を入手したのでした。

ヤフオクよりじゃんぱらの方がずいぶんと安かったので、そちらでゲット。

付属CDでドライバとMagicTVをインストール。で何事もなかったように普通に動きました。
そしてIOデータのWebサイトから最新のドライバーとソフトをダウンロードしてインストール。

しかし、このときドライバーのインストールが完了したのですが、次のMagicTVのインストールでインストールプログラムがハングアップ。Ctrl+Delでプログラムを強制終了し、再起動。

再起動すると何事もなかった様に正常にインストールできている様子なのですが、「デバイスが見つからない」というではないですか。

MagicTVの削除ツールを使い、MagicTVを削除して、デバイスマネージャーからデバイスを削除し、Revo Uninstallerを使ってドライバーとレジストリーデータのクリーンアップ。

最新の1個前のバージョンをインストールして解決しました。ちなみに環境はXPです。

画質は、地デジから比較するとダメダメですが、ソースがそもそもSD画質の8mmなので我慢のできる「ぼけ」具合ですが、やはりもうひとつ鮮明感が欲しいところ。

これは、AVIキャプチャしかないでしょう。

ネットの情報によるとTVFolioでAVIキャプチャができたとかの情報があるので、おそらく他のソフトでもいけるでしょう。

私の使用したのは、以前玄人志向のSAA7133GYC-STVLPで使用していたMainconcept PVRです。Mainconcept社は以前までパッケージアプリを開発・販売していたのですが、今はSDKやPlug-in、業務用パッケージしか取り扱っていないようです。

H.264のエンコーダーやビデオ編集ソフトなんか作っていて(Uleadなんかよりはるかに)みんなできの良い製品だったんですが残念です。

で、そのMainconcept PVRですが、デバイスの認識も問題なし、しっかり「NEC61153 Capture」として認識されています。視聴も問題なし。
画像も、音声もGV-MVP/RX3経由で取り込み可能。

印象はMagicTVより解像感が上がった感じです。全体の雰囲気も綺麗にくっきりした感じ。


こちらがMagicTV。↑


こちらがPVR。こちらの方が肌の色の発色が自然で、髪の解像度が上がった感じ。↑


こちらがMagicTV。↑


こちらがPVR。↑

うーん下の2つの比較は、さすがにこれは好みかなあ。

いまさら入手できないMainconcept PVRですが、たぶん他のソフトでも利用できるのではないかと思います。

というわけで、後は格安地デジ外付けチューナーを入手するだけ。

誰かくれないかな。


HVT-ST200 & LCD-TV241XBR セット
| パソコンでテレビ | 22:33 | comments(0) | trackbacks(0)
DT-H30/U2 DVD画質で録画ファイルのバックアップテスト
今のところ、地デジ環境はBuffalo DT-H30/U2で正常運用中。
基本録って見なので特に不満無しです。

しかし、いつかは「TS抜き」なるものにチャレンジしようと思いつつ、日にちが経ってしまいました。

既に、DT-30/U2が数世代前になってしまっていて今更感満載ですが、
以前、方法を調べておいて面倒なので放っておいた方法をチャレンジしてみました。

CPRM Decrypterなる無料ソフトを入手するところから始まります。
こちらのサイトを参考に。

DT-H30/U2からCPRMの解除された動画を作成するには、いくつかの前提があります。
  1. HD 1080pの解像度での解除はできない。録画データをDVDにムーブしたものをソースとして使用することが前提となります。
  2. DVDムーブ → DVDデータのCPRM解除 → mpeg2データの書き出し という大まかな流れ。
  3. Windows XP環境ではUDF2.5に未対応な為、Roxio UDFリーダーなどを導入する必要があります。
HD 1080pで解除できないし、いちいちDVDを作成しないとならないのが面倒。
CPRM対応の仮想ドライブソフトを探してみたのですが、よく考えるとそんなものありっこない。

と、いった理由から特にDT-H30/U2を使用してCPRM解除したい理由が薄れてきています。

作成されたmpegデータをH.264に圧縮し、保存するという「連ドラ圧縮保存」をしたいという人や、

720pのDVD画質で保存で十分という人、

動画サイトにアップロードしたい(基本これは著作権違反)人など明確な使用意図が無いと、手間が大変。

ちなみに一時間ドラマをCMカット、DivXConverterでMKVファイルに圧縮すると、
CD一枚分程度に圧縮してもそこそこ見られるものになります。(PC視聴前提)
DVD3枚に全話収録も可能。


DT-H30/U2を使用して録画されたファイルの拡張子は「.tve」なので、そのままでは利用できません。
素の.tsファイルであればガード解除して云々ということはできそうなのですが無理。

こちらのサイトに、ムーブしたBDから動画を抜き出す方法が掲載されていますが、
実際そこまでする意味が見いだせず、チャレンジを思いとどまっております。

ということで、DT-H30/U2は録って見る用専用機となりました。 素直にSKNET MonsterTV U3W SK-MTVU3W iconと、大容量HDDとBDドライブを購入した方が幸せになれるかも。このカードはWチューナー搭載で複数カードの搭載が可能というもの。TS抜きについては、対策品が出るまでは可能だった模様。今はできないようになっているらしいです。


| パソコンでテレビ | 20:57 | comments(0) | trackbacks(0)
DT-H30/U2 環境復活。 原因がわかってみると何でもないこと。
先日から、ご機嫌斜めなDT-H30/U2。

タイトルにある「コンテンツは保護されています。現在のディスプレイ接続状態ではTVを出力できません。」というエラーメッセージを吐いて、正常に動かない。

ところが、昨日復帰されました。 やったこと ↓ ↓ ↓

Buffaloのサイトにある「地デジ環境チェックツール」をダウンロードして、環境チェック。

 Windowsのバージョン:OK
ディスプレイアダプター:OK
選択可能な視聴モード:DPからLLPまですべて「著作権保護に対応していないため視聴出来ません」。 ??????

コレまで幾度となく、ビデオドライバーをインストールし直し、デバイスドライバーの再インストール、OSのクリーンインストールまでやってきたのですが。 これって、ディスプレイ側の問題なのか?

 ioPLAZA【お試し販売】

ディスプレイを繋ぎ替えて再チャレンジしたところ、何事もなかったように正常に動作しました。
 再度、いつものディスプレイに再接続し直して見たところ、コレも何事もなかったかのように正常に動作しました。

 繋ぎ替えた時にも気がついたのですが、ディスプレイコネクタの固定ねじが緩んでいて、コネクタが若干浮いていたんです。

 も、もしかしてこれが原因か?。

確かに「現在のディスプレイ接続状態ではTVを出力できません」という何度も同じメッセージは見ていたはず。

これで、地デジ環境も復帰したのですがOSのクリーンインストール後だったので、録り貯めた大河ドラマが見られない。
一応、システムボリュームとは別のボリュームにデータがあるので、データとしては残っているのですが、PcastTVのファイル一覧では出てこない。

この場合の対応策としては、
  1. ファイル一覧を表示して(当然何も表示されない)
  2. ムーブボタンをクリック。
  3. 消えたはずのデータが現れます。
  4. 表示を閉じて、再起動するとファール一覧に表示されます。

 但し、ファイルの実体が正常に残っていて、録画先HDDも「録画と再生の設定」で、ファイルが存在しているHDDに設定し直してからでないとダメです。(当然ですが)

つぎの候補として、挙げていたのがコレ、KEIANのKTV-FSPCIE

ネットでいろいろと情報をあさると、いろいろごにょることができるらしい・・・・。
| パソコンでテレビ | 19:15 | comments(0) | trackbacks(0)
DT-H30 U2 「コンテンツは保護されています」エラー
はや 4ヶ月ものブランク状態から久しぶりのブログ更新。

いろいろあって、とてもブログどころでは無かったわけで。とはいうものの、ブログを訪れる人々はいて、なにやら申し訳ない様な、ありがたいような。

はてさて、Twitterにもトライはしてみたモノの、本当の「独り言」状態が続き、盛況な理由も感じられないまま放置状態。

そして、いつの間にか春が来て、さくらも咲いたわけです。



お題のとおり、先日からウチの地デジチューナーがご機嫌斜めでして、録画していた大河ドラマを見ようと立ち上げると、

「コンテンツは保護されています。現在のディスプレイ接続状態ではTVを出力できません。」

などと、わがままな事をおっしゃる。

だって、録画ファイルも残っているし、少なくとも日曜日の9時ころまでは動いていた様子。

まあ、大変なわがまま坊主なので、いつものこととタカをくくって、再起動。

・・・・。 うーむ、ダメか・・・・・。

約丸1日費やして、ドライバのアップデート、ソフトの再インストール、VGAドライバの更新など、
試して見たのですが、ダメです。

今日の夕方、なにげに試すと5分ほどは正常に見られたものの、同じメッセージを出してお隠れになる。

「おい、貴様、何様のつもりじゃい!!」

ネットで情報あさるも、ヒントとなるモノが無く正直途方に暮れております。
せっかく取りためた大河ドラマがパァです・・・・・。

怪しいのは、電源がへたり気味な事と、ビデオカードのドライバか?
Radeonのドライバ(というよりCCC)が結構ないたずら坊主であるらしいのですが、

さっきまで機嫌良く動いていたものが突然動かなくなるというのは、ドライバ含め、ソフトウェアの仕業とは思えないのです。
USBの電源供給が不安定?ビデオカード自体がおかしい?

こうして、いつしか録りためた大河ドラマも無駄なデータと化していくのでしょう・・・・。

パソコンで超安定して使えそうな地デジチューナーを探すより、格安なHDDレコーダーを買った方が幸せになれる気がしている今日この頃。

2Tまでの外付けHDDの増設可能な、これなんか、良いかも 
  ↓  ↓  ↓  ↓


| パソコンでテレビ | 01:58 | comments(0) | trackbacks(0)
Buffalo DT-H30/U2 エラー発生!「問題が発生した為・・・・・」
 うちのDT-H30/U2は、ネットでたたかれているほどトラブルが出ておらず、比較的「あたり」を引いたのかと安堵していた矢先、

出ました。突然原因不明のエラー。あれれれ?こないだまできちんと動いていたのに・・・・・。OTL

ネットでの情報を探してもなかなか解決に当たらず、ディスプレイドライバを再インストールしたりもしてみたのですが・・・・・。

現象は、PCast TVを起動してしばらくすると、

「問題が発生した為、PCastTV Main Programを終了いたします。」

とメッセージを出します。

FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)

とはいうものの、PCast TVが強制終了されるわけでもなく、表示されている邪魔なメッセージウィンドウをドラッグで表示外に持って行くと、視聴は問題なくできる。

でも、気持ちが悪いので原因を探っていくと価格.comの書き込みに解決策を見つけました。

書き込みによると、どうやら放送局側の「データ放送のフォーマットの変更」にあるようで、これは放送局側が変更したものらしく、一応規格に沿った変更らしいのですが、これが原因だった模様。

解決策は、「設定」→「TVの設定」→「データ放送の設定」→「無効」に変更すること。

本来、享受出来る機能を敢えて無効にしないといけないなんて。

Buffalo のばっきゃろー・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

しかし、新商品はしっかり出すのに既商品のメンテナンスもしっかりやってよ!。って感じ。
このご時世、ただでさえDT-H30 は「だだっこ」だとネットで評判なのだから、企業姿勢は疑われます。

まだ比較的アイオー製品は評価が良いので、これからトライする人は、むしろそちらをお勧め。 


ioPLAZA【アイ・オー・データ直販サイト】
| パソコンでテレビ | 20:52 | comments(1) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Blog RankBlog王
SELECTED ENTRIES
ほしいもの、気になるもの
おススメショップ
CATEGORIES
Search this site.
SPONSORED LINKS