スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
デジカメ写真をDVDに ソフト比較&インプレッション
先日から、マグレックス「MoviePhotographs」を試用してみています。
良いソフトです。

手間をかけずにそれなりのデジカメスライドショーDVDを作成するのであれば、有力な選択肢の一つになり得ます。
・・・が、私の環境にもよるのでしょうが「音が出ない」のです。
flash形式のファイルのみ正常に出力されます。
おそらくCodecの相性だと思うのですが、使いやすい良いソフトなだけにちょっと残念。

このソフトは、こちらが本家なのだろうと思います。

全くの主観ですが、色々さわってみた結果、
1.操作が簡単か? 
2.一連の操作をするのにマニュアルの参照や慣れが必要か? 
3.掛けた時間に対してできあがる作品の満足度は? 
4.作品のエフェクトの自由度とカスタマイズの幅の大きさは?
4.エンコードにかかる時間と綺麗度は? 
の観点から評価してみました。

名称簡単度操作性作品満足度カスタマイズ性エンコーダーの性能
MoviePhotographs
×
×
デジカメde!!ムービーシアター
Proshow Gold
×

といった感じでしょうか。私の場合は作品を「作り上げる」事の満足度と最終作品の画像の綺麗さ加減を重視ですが、他の人は「簡単にできる」事を重点に上げるなら、自ずと評価は変わります。

できあがりの画像の綺麗さは、Proshow>>デジカメde>MoviePhotographsという感じ。
以下に同じ写真の場面をキャプチャして貼ってみました。一応できる限り同じ様なパラメーターでエンコードしたつもりです。因みに直接flv形式に出力したものと、aviで出力したものをSorenson Squeeze 4.5 for Flashでflvにエンコードし直したものがあります。最終のflvファイルのビットレート等はできる限り同条件で設定したつもりです。

moviephotographMoviephotographs


degicamedeデジカメdeムービーシアター


proshowProshow Gold



Proshowを使って、他の2つのソフトで簡単にできてしまうエフェクトなんかを使って作品を作成しようとすると、3倍以上の時間と手間がかかります。その分効果の設定など、本当に細やかなところまで設定できます。というか、そこまで作り込まなくてはなりませんから初心者向けとは言い難いです。その代わり、できあがった作品の出来具合が本当に綺麗です。そう言う意味ではエフェクトをガンガン掛けてアニメーション風な作品と言うより、写真をアートとして見せるというような場合に適しているかと思います。



JUGEMテーマ:コンピュータ
| デジカメ写真をDVDに | 01:13 | comments(1) | trackbacks(0)
デジカメ写真をDVDに MoviePhotographsを試してみた
デジカメ写真をDVD用ムービースライドショー作成ソフトを色々とブログで紹介してきましたが、「MOVIE PHOTOGRAPHS
」というソフトを見つけ、早速体験版で簡単なレビューを・・・。

基本的な操作感は「エー・アイ・ソフト デジカメde!!ムービーシアター2
」に非常によく似た感覚です。といっても起動画面に関しては全く印象が異なり、動画編集をしている人にはこちらの「MoviePhotographs」の方が取っつき易いかもです。

【立ち上がったところ】
mpメイン画面
まずはじめに使用する写真を選択します。エクスプローラー風のインターフェースで私はこちらの方が操作しやすく感じました。サムネイルの表示も速く、操作感は非常に良いです。
mpブラウズ
ただし、一度に開けるフォルダは1つなので、使用する写真がいくつものフォルダにまたがっていたりすると二度手間、三度手間になります。あらかじめ使用するものは別フォルダにコピーしておいてから作業することをオススメします。
(一度選択して、作成したムービーを保存するとマイドキュメントの「My Photo Album」に写真のコピーが自動で保存されます。「デジカメde〜」の方は「Ai soft My Movies」というフォルダが作成されて同様に保存されます。)で

次に表示されたサムネイルをそのまま画面下部のタイムラインへ順に並べてゆきます。これが基本的なストーリー順序になるわけです。

そして、アクション選択。要するに写真に加えるエフェクトを選びます。
あらかじめ設定されたいくつかのパターンから選択するも良し、大まかなテーマからアクション一つ一つを選んでも、お任せでもOK。
このあたりの操作は「デジカメde〜」と全く同じです。
mpアクション

次のステップがイントロ&エンディング設定。これは「デジカメde〜」にはない機能です。
イントロのアニメーションとエンディングのアニメーションをここで設定することができます。もちろん「なし」でもOK。

次に設定するのが、「デコレーション」。これはコレまでのプレビューを見ながらあらかじめ用意されたクリップアートを貼り付けたり、花吹雪や音符のダンスなどのデコレーションを追加できます。これも「デジカメde〜」にはない機能。
mpデコレ

そして最後にアウトプットです。さすがに後発だけあって、スクリーンセーバーやHTML形式Flash形式などWebで公開するのもiPodやPSP用にアウトプットすることも可能です。
現状では、出力フォーマット最多ではないかと思います。(ただし、各種環境にインストール済みのコーデック次第だと思います。)
DVD作成機能も一連の作業の流れで可能になっており、タイトルメニューの作成など、簡単なオーサリングも可能。
mpDVDタイトル
4:3だけではなくワイド対応の16:9にも対応。Audio_TS、Video_TSフォルダ作成だけでなく、ディスクイメージとして保存も可能。まさにコレ一本でってカンジです。

しかしなぜか、mp3形式の音声が正常に出力されません。これについては再度確認したいと思います。

そしてエンコードされたファイルですが、DVD用に出力した画質を見る限りでは十分きれい。普通ならコレで十分の満足感。
もう少し体験版を使って、今回のトラブルの切り分けをもう少し調査したいと思います。そしたら購入かな?日本語使えるし。でも試用期間内でできるかな。

「デジカメde〜」にせよ「Movie Photograph」にしても非常に良くできたソフトだと思います。
特にMovie Photographは、いわゆる効果やBGM素材が無料でダウンロードできますし、そういう楽しみもあります。
見栄えの良いムービーが非常に簡単にできてしまいます。時間をかけずにムービー作成するにはもってこい。初心者にも簡単です。
しかし反面、効果の細かな設定、1枚の写真を表示させる長さなどが調整できません。そんな調整なんかしなくても十分良い作品はできるのですが、こだわってくるとそのあたりが不満点か?。
私が困ったのは、写真の拡大はできるのですが、中心点の移動ができないことです。拡大だけだと中心がずれるので人物なんかの顔が切れてしまうのです。拡大しないで背景がみえるのも良しと思えばいいのですが、背景を見せないで画面いっぱいに写真を表示したい時もありますから・・・・。
凝り始めると、これって結構、致命的なんですよね。

「デジカメde〜」の方も、ちょっとした微調整や効果のかけ方、背景なしで写真をめいっぱい拡大表示した作品を作る場合など、凝り始めると物足りない部分が多々あります。
両方とも非常によいソフトですが、力一杯「作品」を作り上げるタイプの人には物足りないでしょう。
その点、「Proshow Gold」は、簡単に作らせてはもらえませんが、一つ一つの写真に効果を当てはめて、まさしく手作業で仕上げる部分が多く、前出2つのソフトに比べると完成まで手間がかかりますが、その分自由度と満足度は高くなります。

出力された完成品のクオリティーも、Proshowに比較すると他の2つのソフトは1ランク下と言わざるをえません。
ただしProshowの致命的なのは日本語が使えないこと。

このカテゴリーのソフトのニーズは高いと思うのですが、残念ながら国産には「Proshow Gold」や「Proshow Producer」に対抗するソフトがないのが悲しいところです。

気が向いたら、これらソフトのムービーをYoutubeかStage6にアップロードしますので、気になる方は御覧を。
マグレックス ホームページ

エー・アイ・ソフトicon
icon
icon

マグレックス MOVIE PHOTOGRAPHSicon
icon
icon
| デジカメ写真をDVDに | 13:32 | comments(0) | trackbacks(0)
Proshowでデジカメ フォトスライドショー その2
個人的にオススメの「Proshow」が2.6から3.0へバージョンアップしました。
マルチプルレイヤーに対応したり、(これがあると、画面内をたくさんの写真が飛び交う効果など表現が一気に広がります。)ズームや回転機能の強化、キャプションやトラジション効果も増えているようです。しかし相変わらず日本語は使えていない様です。_| ̄|○

PHOTODEX CO.

気を取り直して、中途になっていた続きの操作方法ですが、(前回はこちら)

◆プロジェクトのセッティング
Proshowメインオプション画面
メニュー画面の「option」ボタンをクリックすると、プロジェクトのセッティング画面が表示されます。ここでは全体のプロジェクトの名称設定、アスペクト比の設定などを行います。 

◆それぞれの画像へのエフェクト
Proshow メイン画面
スライドショーウィンドウ(画面最下部)に表示されている画像サムネイルをダブルクリックすると、「Slide option」画面が表示されます。ここでは、選択したデジカメ画像に対する各種セッティングを行います。
Proshowズーム
この画面の左側のアイコンをクリックすることによって、ズーム・ムーブエフェクト、簡単なレタッチ、キャプション、画像のバックグラウンドの設定、BGMの設定などの画面が切り替わります。

◆トラジションの設定
スライドショーウィンドウに表示されているトラジションマークProshowトラジションアイコンをダブルクリックすると、トラジション設定画面が表示されます。ここで、設定したいトラジションを選択することができます。
Proshowトラジション設定

◆スライドのプレビュー
Proshowプレビューボタンプレビューウィンドウの「play」ボタンをクリックすると、プレビューをみることができます。

◆DVD、CD、AVIへの書き出し
Proshow書き込みボタンスライドを確認したら、最上段メニューのなかから出力したいファイル形式のアイコンをクリックします。この場合はaviファイルへの書き出しを指定しています。

どうですか?簡単でしょう。Proshow書き込み中ダイアログ


【必ずもらえる!抽選でもらえる!】新型液晶テレビ「Bordeaux(ボルドー)」販売記念キャンペーン実施中♪
サンワダイレクト:PC周辺機器ならお任せください!:タイムセール
| デジカメ写真をDVDに | 00:16 | comments(0) | trackbacks(0)
デジカメ写真を映像作品にする LIFE with PhotoCinema2
デジタル写真をDVDムービーにするソフトとして、「ムービーシアター2」「Proshow」などがあり、ブログでもいろいろ書いてきましたが、LiFE with PhotoCinema 2 Plus Windows版というソフトを見つけました。
「デジタルカメラや手書きイラストなどの静止画ファイルとMP3を組み合わせて、わずか15秒で「映画のような映像」=『フォトシネマ』を作成するソフトウェア」だそうです。デジカメの「スライドショー」という概念より、「映画」として楽しむというアプローチはおもしろそうです。早速、体験版をダウンロードして使って見ました。

いきなり、今までとは明らかに違う画面。写真とBGMとスタイルを選択するところから始まります。Life_w_pht1
写真とBGMを選んで、「おまかせ」「じぶんで」2つあるモードから「じぶんで」を選びます。
次のステップでは、まずトラジションを選んでから写真を選択します。すると、いきなりそのままプレビューが始まります。Life _w_photo2
今までの編集の概念を大きく覆す操作性です。次から次へトラジションと写真を選択すると、プレビューがそのまま「録画」されていくわけです。次のステップがテキスト編集。これもあらかじめ表示させるテキストを入力しておいて、プレビューを見ながらテキスト効果を挿入していきます。ちょうど映画の「アフレコ」の感覚。

なるほど、「Photo+Music+Text+Stile=PhotoCinema」の意味がわかりました。写真と音楽とコメントを「スタイル」と呼ばれるテンプレートに乗せて組み立てていくと言うわけです。
ちなみにモードを「おまかせ」で作成すると、数分でできてしまいます。できあがりはこれでも十分。なるほど、スライドショーというより「作品」です。これ、良いかも。

ただ、DVDや他のメディア作成をするときには、出力形式が非圧縮かaviかQuicktimeかMPEG4形式に限定され、しかも出力処理が激重。デジカメ写真をスライドショーで見るためのソフトというより、「デジカメ写真を材料にした映像作品」を作るためのソフトです。
値段も他に比べると倍はします。でもこういうものを求めている人にはぴったりです。

Microsoftからもデジカメ画像ソフトが発売になりました。どちらかというと整理、レタッチソフトですが、ビデオ編集ソフトと1つのパッケージにすることで、フォトDVDや静止画+動画のDVDも作成できるようにした「プラス」バージョンもあります。
Digital Image Pro 2006 サンクスパッケージ  デジタル写真の整理、レタッチ、プリントに。
Microsoft DIGITAL IMAGE ALBUM 2006 デジタル写真の整理、レタッチ、プリント 上記Proの簡易版。
Pinnacle Studio v.10.5を同梱したMicrosoft Digital Image Pro Plus サンクス パッケージ レタッチ、ビデオ編集ソフトが1つのパッケージになった商品。

LiFE with PhotoCinema 2 Plus Windows版LiFE with PhotoCinema 2 Plus
| デジカメ写真をDVDに | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0)
"Proshow" デジカメの写真をスライドにして かっこいいDVDムービーに!
デジタルカメラで撮った写真からDVDムービーを作成するソフト。「Proshow」をご紹介します。
以前から、いろいろな類似ソフトを試していますが、今のところ私のお気に入りは「Proshow Gold」です。Ulead社からは「デジカメDVDスタジオ」、エーアイソフト社からは「デジカメde!!ムービーシアター2」などが販売されていますが、まあいろいろな点で私が満足できず、かといって静止画を扱うのにビデオ編集ソフトを使うのも面倒です。

と言うわけで見つけたのが、米国Photodex社の「Proshow Gold」。
どんなことができるのか、Photodex社が開催しているProShow Slide Show Contestの入賞作品を見ていただければよくわかります。

作品を見るにはまずProshowPresenterという無料ビューワーソフトを、こちらからダウンロードします。

インストールできたら、こちらから「Slideshow Contest」のページへ。Proshow_Slide1


Proshow_Slide2そのページの中程にある「Previous Contest Winners」の中から、見たいコンテストを選んで、「See the winners」をクリックして、その中からスライドを選んで「Click to play」をクリックします。


お試しもあります。
"Proshow Free Trial"

価格的にはダウンロード版で$69.95ですから8000円ちょっとです。DVDじゃなくVCD対応でよければその廉価版「Proshow」もあります。こちらは$29.95ですから3500円くらいです。
良いソフトで気に入ってはいるのですが、難点は「日本語でない」事。操作する分には問題ではないのですが、キャプションやタイトルに2バイト文字が使えないのはつらい。その分を差し引いても個人的にはお勧めです。

リンク

Proshow Free Trial
Proshow Presenter
Slideshow Contest

| デジカメ写真をDVDに | 02:36 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Blog RankBlog王
SELECTED ENTRIES
ほしいもの、気になるもの
おススメショップ
CATEGORIES
Search this site.
SPONSORED LINKS