<< Vista SP1情報 実は海賊版対策? | main | Apple 重さ1KgのUltra-portableノートがいよいよ登場 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
Vistaの次、Windows7
IT系、特に開発系に携わる何人かの友人たちは「Vista憎し」といった状態。来年第1四半期登場のSP1でハード関連のトラブルはおおかた解決されるだろうと予測していますが、一部の企業ユーザーはどうやらVistaを飛び越えて、3年後に登場の次期Windows「Windows 7」への移行を考えているらしい。

こちらの記事では、この選択に待ったをかけています。
その理由が、「3年後の次期OSリリースも、いつものように大幅に遅れる可能性が大」だからだそうだ。
しかし、中小規模の企業では「Vistaをスキップ」もありかもらしい。

独自のシステムソフトウェアを導入していなくて、ビジネス系のアプリケーションしか使用しないような事業所では、はっきり言ってXPで十分事足りているわけで、むしろノートパソコンなどの故障で新規購入せざるを得なくなった時に、半強制的にVistaを使わざるを得なくなる事に対して、

「なんだかな・・・」の気分。

コンピューターがより身近になるのに、OSが肥大化するっていうのはやはり時代の「逆行」だと思うんですが、どうでしょう。




| さよならVista | 00:25 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 00:25 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://omo1com.jugem.jp/trackback/118
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Blog RankBlog王
SELECTED ENTRIES
ほしいもの、気になるもの
おススメショップ
CATEGORIES
Search this site.
SPONSORED LINKS